読み方は「アーズガーデン」パワーストーンやイラストなど、癒しと物作りと皆の遊び場所。皆で遊ぼう。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ハーブのエネルギーのみを使う理由
2012-07-12 Thu 10:35
ハーバルヒーリング、まあ、色々なヒーリングがありつつ、ヤングリビングなどのレインドロップなど、色々と方法がありますが、神楽がなんで、エネルギーだけ使うにした理由は。

アロマオイル買わなくても、ハーブ調合自力でしなくてもいいから(まて)

という、物理的理由もありますが(笑)

アロマオイルもそうですが、まあ、自然に生えていて摘んで活用以上に、今、便利なわけですが、アロマオイル一本使うのに、大量にその植物がいる。畑とか、自生とか、色々と採取方法がありますし、それが、各地の人の生活の糧になってるので、それはいいんですが、やはり、ローズウッドのように、足りなくなってきていて、希少になってきている植物もあります。

基本的に、神楽の場合は、「薬効効果」を基準にアロマやハーブを利用してるので、香りが必要かでいうと、香りを楽しむのも一つの使い方ですが、周りの人への配慮含めて、難しいなあ。と感じるようになってきた。
それと、その人の状態に合わせる上で、アロマのアドバイスをしても、その人が正しく使えるかで、いうと、状態にもよりますが、上手く活用できてないことが多い上、薬服用だと、更に制約が厳しくなってくる。

ナードなどのアロマを薬学としてみて勉強する協会もありますが、この成分と、薬成分がどう反応して、など、そういった感じで、ものすごく難しくなってくる。で、まあ、成分を覚えて、相殺したり悪影響ある成分を抜いたものを使うか、色々と、物理的に無理ではないけど、かなりの化学実験技術ないと、無理・・・

と、いうことで、体が楽になったり、病気治ればいいんだから、エネルギーだけ精製して、その人その人に合わせたエネルギーにして、使ってもらえば、いいじゃないか。
と、いうことで、ハーバルヒーリングが誕生しました。

☆現在は、神楽自身は、アロマの組み合わせ範囲でのエネルギー精製はしますが、その人の状態に合わせたものに関しては、魔術師系の守護さんである、マーリン師匠はじめ各守護さんが作ってくれてます。

基本的には、自分の体調管理にアロマを使い始めた・・・・で、だんだん追いつかなくなってきたり、特殊な状態もあったりで、人のためいうより、自分のため(笑)

ちなみに、植物エネルギー自体は開かれたものなので、誰でも使えるわけですが、お薬エネルギー精製技術に関しては、個人のプライベートライン使ってるので、どうしても、神楽を通さないといけない。とか、制約はあります。有料に関しては、結構、受け手の自由が効くように設定してるので、急な体調変化によるヒーリングなど、気楽に頼んで受けられるようにしてます。

フラワーエッセンスなど、色々な方法もありますし、多分、どれも正解(笑)
ホメオパシーでエッセンス作ってもらって助けてもらったりしましたしねー。それもまた、効いた(笑)

アロマはアロマで、トリートメントという、手業効果などもありますし、エネルギーだけあれば万能というわけではないですが、職場や妊婦さんがいたり、お子さんがいたりと、アロマを使いにくい環境の場合など、エネルギーのみで、アロマやハーブを使った効果が十分にでるので、遠慮なく、活用いただけたらなあ。とおもいます。

アロマを焚くにしろ、キャンドルを燃やすにしろ、香りがアウトって言う人もいますので、難しいんですよね。好む香りや苦手な香りもそれぞれ違いますし。で、いきなり出先でアロマオイルを取り出して、というわけにいかない場合もありますし(笑)

宣言自体は頭に浮かべていただくだけなので、いつもどおりにお茶飲みながら、宣言浮かべて受け取ったり、周りに何やってるのかなあ。と感じさせずに受けることができます。
入っているハーブの効果の中に睡眠系はいっていても、活動時間はちゃんと該当成分は抜いてますし(笑)

香りを楽しみたい時は、普通にアロマも使いますし、そういうのも楽しみつつ、一つの方法として、こんなのもある。と、知っておいてくれるといいですね。
スポンサーサイト
別窓 | 過去メニュー置き場 | コメント:0 | トラックバック:0
<<コンカリ夏祭にでるよー | ARS GARDEN | お祭用廉価版ブレスレット>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ARS GARDEN |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。